計画的に進めれば簡単!引越し荷物の片付け方

必要なものと不要なものに分ける

引越しの荷造りをする際には、まず最初に必要なものと不要なものに分ける作業を行います。こうすることで処分するものが明確になるため、片付けがしやすくなるのです。また、梱包する荷物が少なくなることで引越し先での片付けが楽になるというメリットも得られます。

不要なものを処分する

不要なものをまとめたら、一気に処分してしまいましょう。小さなものであればいつものゴミ袋に入れて指定の日に出すことができますが、家具などの粗大ゴミの場合は事前の手続きが必要になります。こういった手間を省きたい場合には、専門の業者に依頼してまとめて引き取ってもらうことをおすすめします。

必要なものを利用頻度で分ける

必要なものがはっきりしたら、今度は利用頻度別で分けていきます。その季節に着ることがない服や滅多に使用しない道具などは、利用頻度が低いものとなります。逆に毎日使用する調理道具や布団などは、利用頻度が高いものに分類されます。

すぐに使わないものから梱包する

荷物は、引越しの当日に向けて少しずつ梱包しておくと直前で慌てなくて済みます。一番最初に梱包するのは、利用頻度が低いものです。引越し当日まで使うことがないものはどんどん梱包して片付けていきましょう。

引越し当日に直前まで使っていたものを梱包する

引越し当日は、直前まで使っていたものを片付ける作業に入ります。ダンボールに利用頻度の高い日用品を梱包したら、それとわかるようにマジックで中身の詳細を具体的に書き込んでおきます。利用頻度が高いものは引越し先でもすぐに必要になるため、見つけやすいようにしておくことが大事なのです。

不用品の回収とは不要になったものを回収してもらうことです。市町村で回収していたり民間業者が回収していたり、料金が発生する場合が多く事前の確認をおすすめします。