社員研修で学ぶべきこととその理由について

社員研修で品質の重要性を学ぶ

企業が生き残るために必要なことのトップは、やっぱり人材育成です。この人手不足の時代では、優秀な人材の確保は非常に難しくなっています。しかし、企業に求められる技術や品質、社会的貢献のレベルはどんどん上がっています。それに対応するためには社員の質の向上が欠かせません。特に、品質の知識については、全従業員に徹底して教え込む必要があります。現在の国際取引のなかではISOを取得していなければ、製品を購入してももらえませんし、車載関係のメーカーと取引するためには、IATF16949の取得も必要です。このような、国際的な品質規格を取得するためには、全従業員への知識の教育が必要です。なぜならば、全従業員が作業手順や検査手順を理解していてこそ、製品の品質が保たれるからです。企業の品質に対する不正やリコールに発展するような不具合が世界的に問題となっています。品質の重要性や手順を守る必要性を従業員全員が理解することが、それらを防止することにつながります。

社員研修で企業の理念を学ぶ

企業の理念や企業の歴史を学ぶことも重要です。なぜなら、従業員全員がベクトルを合わせて、同じ目的に向かって力を合わせてこそ企業の発展があるからです。企業の理念は、企業が発足した時の目的や歴史の中から生まれます。創業者の思いや、企業を作り上げて発展させてきたことの歴史を学ぶことで、全員が力を合わせて更に発展させることにつながります。社員研修で、技術や知識を学ばせるだけでなく企業の理念や会社方針をよく理解してもらうことも必要です。

管理職研修は任された部内の一人一人にやる気を起こさせ、自分の部をより活性化させるためにはどうしたら良いかを学ぶための研修です。