自身に合った職業が選べる?企業での実施が増えている適性検査とは

企業で実施するところが増えている適性検査とは

個人と企業に共通する考えとして、現在の自社の企業風土においてどういった人材が適材適所なのかということが大切なポイントです。そこで企業側が事前に試験で実施するのが増えているのが適性検査というものです。適性検査とは自身では把握しきれない性格を含めた能力を間接的に図るために、決められた項目の質問や問題に答えることによって性格や能力を調べることができます。どんなことを行うのかというと用紙に決められた項目を解答し、その傾向を調べます。そして事前に予想された内容に照らし合わせることで性格や能力を把握できるのです。

適応した部署の選択がメリットだが鵜呑みにしない

適性検査のメリットは、個人の性格や能力に合わせて部署を選ばせてあげることができることです。企業で働くことにおいて、個人と企業とも一番に考えることは最適な場所で長続きしてほしいということです。能力や性格に合わない部署に配属されたことによって、自身の能力に疑念が生まれてしまっては長続きしない確率が高くなってしまいます。そこで事前に適性検査を受けて間接的にでも能力や性格を知っておけば、合わない部署に配属されるリスクを減らすことにつながります。ただ適性検査を実施した場合において一つだけ注意点があります。それは適性検査で出た答えというのはおおよその性格や能力を図るものであるということです。この検査によって間接的に性格や能力がわかるといっても、その個人が育ってきた環境は検査では測れないことです。仮に検査で不適合と考えられた部署であっても、個人が育ってきた環境が部署の環境と適合していれば十分な能力を発揮して力を伸ばすことに役に立ちます。

適性検査とは、一般的に検査を受ける個人が、その分野に適した性質を持っているかを調べる検査です。例として、企業が採用時に課すことが多く、その中身は知能検査や性格検査等があります。