SEOを重視したホームページにて業績アップを狙う

トップページだけのようなホームページはもったいない

インターネットの急速な普及により、どの業種においてもホームページをもつのが当たり前のような時代となりました。そして、レンタルサーバを借りたり無料クラウドCMSなどを利用して誰でも簡単にホームページを作れるようになっています。ただし、その中にはトップページ1ページのみで構成されたホームページや、たった数ページのみで構成されているホームページも少なくありません。しかし、それでは大きな商機を逃す可能性があるのでもったいない事といえます。

ページ数が少ないホームページはなぜもったいないのか

サーチエンジン市場で世界最大手である企業は、ページ数の多いホームページを優先的に検索結果の上位に表示させる方向性を打ち出しています。この話は広く知られているため、近年はたくさんのページを作ってサーチエンジンからの評価を上げようとする業者がどの業種でも増加しています。そんな中、同じ地域内にライバル業者がいる場合、同じようにTITLEタグに重要キーワードを入れるなどのSEO施策を行っていたとしても、ページ数が少ないと上位で表示されづらい状況になってきています。そのため、ページ数を増やすことは重要です。

サーチエンジンの評価を上げるには用語集作成が良い

サーチエンジンのロボットは「滞在時間が長いページ=価値の高いページ」と判断するようになってきており、希少性の高いページは滞在時間を稼げる可能性があります。そして、業界用語や難しい専門用語はその道のプロにしか細かく正確に解説は出来ないため、「用語集」的なディレクトリを作り、その中で沢山の辞書的なコンテンツを作るのがおすすめです。そして、無数に希少性が高いページを増やしていくと、検索結果にて上位表示されるうえで有利になります。

店舗への集客アップを目指すのであれば「ホームページ作成とSEO」が必要です。お店をインターネットに公開して、来てほしいクライアントがネット検索してすぐに見つけてもらえる様にしましょう。