パソコンは買うだけじゃない!?自分だけの一品を作って楽しもう

デスクトップパソコンを自作してみよう!

デスクトップパソコンは家電量販店などに行けば各メーカーから様々な商品が発売されていますが、少しの知識があれば自分で作ることもできてしまいます。パソコンを自作すると必要な機能に絞ったものが手に入ったり、好きなデザインのものを選びやすくなるといったメリットがあります。世界にひとつだけのものになりますから、愛着もより湧きやすくなるでしょう。

必要なものはパソコン用パーツを取り扱っているお店に行けば手に入ります。具体的には、パソコンの頭脳となるCPUや各パーツをまとめるマザーボード、電力を得るための電源ボックス、データを読み書きするメモリやハードディスクなどがあります。持っていなければモニターやキーボード、マウスも必要です。OSはパーツにオマケで付いてくることもありますが、忘れずに用意するようにしましょう。

パソコンパーツにはそれぞれ規格というものがあります。組み合わせによって相性が発生しますから、揃えればなんでも良いというわけではありません。このあたりは少し勉強してから行動に移る必要があります。どうしても不安な時は、下調べを兼ねて店員さんに訊いてみるのも良いと思います。

組み立てる時の注意点!

パーツを揃えることができたら、あとは組み立てていくだけです。特別な道具は特に必要なく、ドライバーがあれば十分事足ります。説明書が付いていると思うので、よく読みながら作業を進めましょう。無事起動して、OSをインストールできたら完成です。自分だけのパソコンを大切にしてあげてくださいね。

プリント基板設計の基盤専用の熱解析ツールは、電気系CADの様な2D操作で、簡単に基盤のモデリングを行う事が出来ます。