起業のやり方!事業計画書は柔軟に変える!

起業をする時には計画を立てる

起業するときには事業計画書を書くことが多いです。資金調達や支持者にプレゼンをするために必要になるからです。計画書自体はあった方がいいものでしょう。指針や方針がその計画書から分かりますし、会社として進む先が分かるからです。営業計画や売り上げの予測を立てることにも使えます。事業計画は必要ですが、確実にその通りに行えるというものではないことを知っておきましょう。

計画は柔軟に変えていく

事業計画通りにすべての起業が進めば、つぶれる企業はないでしょう。ほとんどの場合、何かしらのトラブルに直面するものです。トラブルに直面したら、計画は柔軟に変えていった方がいいです。計画にこだわっていると、成功がおぼつかなくなることがあります。現実に起こっていることを重視して、計画は変えてしまえばいいのです。計画を変えても、結果が伴えばだれも文句は言わなくなります。結果を出すことを重視して、起業するといいでしょう。

事業計画で変えてはいけないのは信念

事業計画を柔軟に変更することは問題ないでしょう。しかし、信念まで変えてはいけません。信念を変えてしまうと、支持してくれている人達や応援してくれている人達を裏切ることになります。その人の信念に対して応援してくれているのです。信念を変えた途端に応援してくれる人がいなくなるということもあります。計画をいくら見直したとしても、信念まで変える必要はないでしょう。状況によって計画は変わっていくものですが、信念は最後まで貫く方がいいでしょう。

独立開業のイベントに参加すると、フランチャイズついて詳細に知ることができます。また個別相談会もあるので、必要に応じてアドバイスも受けられます。